弊社では、弊社が配布するプログラム、データファイルおよび今後お客様に一定の条件付きで配布され得るそれらのバージョンアップ(以下「本ソフトウェア」)のお客様によるご使用およびお客様へのアフターサービスについて、使用許諾契約(以下「使用許諾契約」)を設けさせていただいており、お客様が下記条項にご同意いただいた場合にのみご使用いただけます。
また、本ソフトウェアと連携するウェブサイトをご利用される際は、「ウェブサイト利用条件」*にもご同意いただいたうえでご利用ください。

*ウェブサイト利用条件
https://syncroom.yamaha.com/play/terms_of_use_20220201/index.html

お客様が本ソフトウェアをダウンロード、インストール、コピー等された場合、またはインストールされた本ソフトウェアを使用された場合にはソフトウェア使用許諾契約に同意されたものとしますので、必ず下記の条項を充分お読みください。ご同意いただけない場合は、ダウンロード、インストール、コピー等を中止するか、インストールしたファイルを削除してください。

1. 知的財産権および使用許諾

弊社はお客様に対し、本ソフトウェアを使用するための譲渡不能なライセンスを無料で供与します。お客様は、本ソフトウェアを、ご自身が所有・管理するコンピュータにおいてのみ使用することができます。これらの本ソフトウェアの使用から得られるデータの所有権はお客様にありますが、本ソフトウェア自体の権利およびその知的財産権は、弊社およびライセンサーが有します。本ソフトウェアの使用は日本国内に限るものとします。

2. 使用制限

お客様は、本ソフトウェアの使用にあたり、以下の行為を行なってはなりません。

  1. 本ソフトウェアを逆コンパイル、逆アセンブル、リバース・エンジニアリング、またはその他の方法により、人間が感得できる形にすること(ただし、著作権法その他適用される法令により許可されている場合を除く)。
  2. 本ソフトウェアの全体または一部を複製、修正、改変、賃貸、リース、転売、頒布または本ソフトウェアの内容に基づいて二次的著作物をつくること。
  3. 本ソフトウェアを使用して、違法なデータや公序良俗に反するデータを配信すること。
  4. 弊社の許可無く本ソフトウェアの使用を前提としたサービスを立ち上げること。
  5. 他者が権利を持つ楽曲・音源等を使用する場合に、当該楽曲・音源等の権利者より適切な許諾を得ずに使用すること。
  6. 本ソフトウェアを使用して作成した楽曲等の録音物を、正当な権利者から許可を得ず不法に、複製、配信、公衆にむけて再生演奏などをすること。また、録音物の暗号化を権利者の許可なく解除したり、付加された電子すかしを改変・切除すること。
  7. その他、法律・公序良俗に反する行為。

3. 終了

使用許諾契約はお客様が本ソフトウェアを使用開始した日に発効します。弊社は、お客様による本ソフトウェアの使用が、使用許諾契約条項に違反したと判断した場合、また、他のお客様への迷惑行為と弊社が判断した場合、弊社はお客様に対し、該当行為の中止や入力した情報の削除を求めるか、お客さまに予告なく本ソフトウェアの使用停止の措置を講ずる場合があるものとし、お客様はこれに同意します。その場合には、ただちに本ソフトウェアの使用を中止し、その複製、付帯文書および本ソフトウェアを使用して作成した楽曲等の録音物をすべて廃棄しなければなりません。
また、長期間にわたり本ソフトウェアの使用がなされない場合、弊社はお客様に予告なく、本ソフトウェアの使用停止や、お客様が入力した情報の全部または一部の削除を行うことができるものとします。

4. 保証の否認

お客様は本ソフトウェアを使用するリスクは全てお客様のご負担となることを理解し明示的に同意するものとします。本ソフトウェアおよび付帯文書は保証なしに「現状のまま」提供されます。弊社は明示、黙示、法定にかかわらず、品質保証、性能、権利の不侵害、商品性、特定目的への適合性を含め、本ソフトウェアに関する一切の保証や表明をいたしません。特に、本ソフトウェアがお客様の要望に合うこと、本ソフトウェアに中断や遅延がないこと、安全、正確、完全であること、エラーがないこと、および欠陥の修整などについても表明や保証を行いません。

5. 責任の制限

5-1.
弊社の責任は使用許諾契約で定める許諾を供与することのみに限定されるものとします。弊社は、本ソフトウェアの使用、またはそれを使用できなかったことにより生じた直接的、派生的、付随的または間接的損害(データの破損、営業上の利益の損失、業務の中断、営業情報の損失などによる損害を含む)については、通常もしくは特別の損害に拘わらず、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについて予め知らされた場合でも、弊社の故意または重過失がない限り一切責任を負いません。また、本ソフトウェアの使用においてお客様同士あるいはお客様と第三者間でトラブルが発生した場合、弊社は一切の責任を負わないものとし、万一トラブルが発生した場合は当社を含まない当事者間で解決するものとします。なお、本ソフトウェアの使用に関し、弊社が損害賠償責任を負う場合、お客様が弊社に本ソフトウェアの使用の対価として支払った総額を限度額として賠償責任を負うものとします。

5-2.
本ソフトウェアと連携するウェブサイト上のマイページ画面およびルーム説明等に入力したテキスト、および画像を扱う任意の機能に入力した情報は、「非公開」設定にしない限りウェブサイト上に公開されます。お客様は、上記機能をご使用される際、お客様ご自身の責任と判断のもと情報を入力するものとします。上記機能を通してお客様ご自身が入力した情報に関して、弊社は一切の責任を負いません。

5-3.
弊社では、情報取り扱い業務において通常講ずべき合理的な管理・運用をいたします。ただし、第三者からの悪意をもったデータへのアクセスおよび想定し得なかった不測の事態により、お客様が入力した情報が外部へ流出しないことを保証するものではありません。 従ってお客様は、以下項目へのプライバシー性の高い情報を入力される際、細心の注意を払い、実施するものとします。
・本ソフトウェアと連携するウェブサイト上のマイページ画面
・ルーム説明

6. オープンソースソフトウェア

本ソフトウェアには、オープンソースライセンス(GNU General Public License、Lesser General Public License を含むが、これに限定されない)を伴うソフトウェアまたはこれを改変したもの(以下「オープンソースソフトウェア」)が含まれる場合があります。オープンソースソフトウェアのご使用は、各権利者の定めるライセンス条件に従っていただくものとします。なお、使用許諾契約と各オープンソースライセンスとで矛盾する内容が規定されている場合、矛盾する箇所に限り、該当するオープンソースライセンスの内容が優先して適用されます。

7. 第三者のソフトウェアおよびサービス

弊社は、本ソフトウェアとともに、第三者のプログラム、サービス、データファイルおよび関連文書(以下「第三者ソフトウェア」)を提供する場合があります。弊社が第三者ソフトウェアであることを示した場合、お客様はその第三者ソフトウェアに付随する契約条項に拘束され、第三者ソフトウェアの提供者が全ての保証その他の責任を負うことを理解し同意するものとします。弊社は第三者ソフトウェアに関する一切の責任を負いません。弊社は、第三者ソフトウェアの商品性、および特定目的に対する適合性の保証その他一切の保証を、明示であると黙示であるとを問わず、一切いたしません。第三者ソフトウェアの使用もしくは機能から生じるすべての危険は、お客様が負担しなければなりません。弊社は、第三者ソフトウェアに関しての操作方法、瑕疵その他に関してアフターサービスを提供するものではありません。弊社は、第三者ソフ卜ウェアの使用、またはそれを使用できなかったことにより生じた直接的、派生的、付随的または間接的損害(データの破損、営業上の利益の損失、業務の中断、営業情報の損失などによる損害を含む)については、通常もしくは特別の損害に拘わらず、たとえそのような損害の発生があることについて予め知らされた場合でも、一切責任を負いません。

8. 個人情報の取得

弊社は、本ソフトウェアの使用状況や不具合の解析、使用許諾契約に違反するユーザーの特定と使用停止等の対応を含む、サービスの円滑な運営および改善のため、個人情報保護方針に則り、本ソフトウェアおよび本ソフトウェアと連携するウェブサイトより、お客様の個人情報と下記の通信使用状況の情報を取得します。

  • 会員登録/ログイン
  • ルームの作成/入室/退室(時刻、ルーム名、ニックネーム、アイコン、ルームタグ選択)
  • ルーム滞在時間
  • オーディオファイルの再生
  • メトロノームの使用状況
  • チャットの送信
  • ミュートの使用
  • 録音の開始/停止
  • セッションの履歴(セッションした相手、ルームに接続した日時)
  • その他、通信状況やエラー

なお、ルーム内での音声およびチャットの内容については記録を行いません。

9. 一般事項

使用許諾契約は、日本法(法の抵触に関する原則を除く)の適用を受け、日本法に基づいて解釈されるものとします。また、弊社とお客様との間で問題が生じた場合には、弊社とお客様が誠意をもって協議し、協議しても解決しない場合は、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。使用許諾契約の規定のいずれか、または、ある規定の一部分が管轄権を有する裁判所または行政機関によって不法、無効、執行不可能とみなされた場合や、当該の規定(または規定の一部分)が使用許諾契約全体の基本的性質に合致しないと判断された場合も、残りの規定(該当する規定が含まれる条項の残りの部分も含む)の合法性、妥当性、法的効力は影響を受けません。お客様からの全ての法的通知は書面でなされるものとし、下記に記載の住所まで書留郵便で送付されるものとします。

〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1 ヤマハ株式会社

10. 完全合意

使用許諾契約の契約条件は、お客様と弊社の間の完全な合意から成るもので、この件に関する従前のすべての認識や合意に取って代わるものとします。

11. 契約の変更

弊社は、独自の判断で使用許諾契約を変更することができます。変更後の契約の効力は、変更後の契約に対してお客様が同意、または変更日以降、本ソフトウェアを使用したときから発生するものとします。

2022年4月13日 改定

2020年6月1日 制定